STORE

EROTIC CAKES

erotic cakes

一聴しただけでは理解できない程の超絶テクニックとその表現力の素晴らしさにより現在最も注目されているギタリストがガスリー・ゴーヴァンである。

本作は「入手困難な凄まじいギター・アルバム」として大きく話題になっていたアルバムでもある。兄弟のセス・ゴーヴァン(b)、ピート・ライリー(dr)というトリオ編成、テクニカルかつメロディアスな感性を大切にした作風となっていて、バンド等ではアンサンブルを重視する分あまり表に出さない超絶ギター・プレイやヴァラエティに富んだ楽曲の良さが光る優れたインスト作品です。

THE ARISTOCRATS

the aristocrats

世界最高峰の演奏技術を持つ三人が集結してしまった。。。

三人の名は、ガスリー・ゴーヴァン、マルコ・ミネマン、ブライアン・ベラー。

彼らの織り成す音楽は『ジャズとロックとセッションの融合』だ。

インストゥルメンタル・ミュージックの新たな境地。

CULTURE CLASH

culture clash

The Aristocratsの1stアルバムから早1年。『カルチャー・クラッシュ』

凄まじい演奏を聴かせてくれた1stからどのように進化して私たちの耳に『カルチャー・クラッシュ』してくれるのだろうか?

アルバムジャケットも非常にユニークで面白い。これは近年、彼らがライヴでもギャグのツールとして使うおもちゃがモチーフなんだと思う。

そしてこのアルバムを引っさげて来日してくれる日もそう遠くないだろう。

AURA

aura

温かく、優しい。このアルバムを聴いたときそんな印象を受けた。

ASIAにGuthrieがメンバーとして加わったのは驚きである。

Guthrieにとっても素晴らしいキャリアになったのではないかと思う。

温かく、優しい曲に乗せる彼のギターは正しく水のよう。

Guthrie Govanというギタリストはホントに底知れない何かを持っている。。。そう感じた。

SILENT NATION

silent nation

こちらはロック色が強め、というより、エイジアの本当の姿なのではないか。

Guthrieのギターも吠えまくる。ジョン・ペインとの相性は抜群のようだ。

YouTubeを少し見ればこの二人のタッグの相性は誰にでも分かる。

期待を裏切らないアルバムだ。ロックファンには是非聴いていただきたい。

WINDOWS THE SOUL

widows the soul

エイジアのヴォーカルであるジョン・ペインとガスリーが組んだバンド。

キーボードには日本人の奥本亮が参加。

聴いてみた感想は『めちゃくちゃかっこいい』ホントにかっこいい。

ジャンルで分けるとするならば『プログレッシブ・ロック』なのだけど、非常に練られており、キャッチーなメロディなので聴きやすい。

Guthrie Govanの破壊力あるギターが存分に堪能できるであろう。

Live In Japan Volume 1

gps volume1

伝説のバンドと囁かれたGPSのライヴである。

Live In Japan Volume 2

gps volume2

6 STRINGS THEORY

lee ritenour

リーリトナーが世界中の埋もれている才能を発掘。

そんな裏テーマがあるのではないだろうか?

Guthrie Govanがそこに選ばれたのは偶然でもなんでもなく、必然なのである。

上手い、何でもできる、特異な容姿。まさに生きる伝説。

YouTubeだけでもてはやされているのはもったいなさ過ぎるのだ。

このアルバムによってGuthrieの名はまた広く知れ渡ったことだろう。

Precious Illusion

kanako ito

バイオリニスト『イトウ カナコ』と共演。

イトウ・カナコとガスリーのライヴ映像を見てピンときた方はこのアルバムを是非聞いてみて欲しい。

新たな境地が見えてくるはずである。

ロックでプログレで和風で美しく。。Guthrie Govanは万華鏡のごとく、曲に彩を加え、変化してゆく。この男に限界はないのだろうか。

Sound like a Vintage Guitar

vintage guitar

ヴィンテージギターのサウンドをGuthrieの演奏と共に感じてゆくドキュメンタリーDVDとなっている。

Jazz,Rock,Blues,Funk,様々なジャンルでヴィンテージギターをかき鳴らしている。

味のあるヴィンテージギターの魅力にとりつかれること間違い無し!

Creative Guitar 1

creative guitar1

ギターの基礎を詰め込んだ一冊。それもとてつもなく精密に基礎テクニックと音楽理論の両方が書かれている。

様々な有名ギタリストの話(guthrie談)と共に学べるのでとても面白い。

英語が読める人にとっては究極のバイブルと言えるだろう。

Creative Guitar 2

creative guitar2

Guthrie Govanのハイパーテクニック集。彼は何を考えながら弾いているのか?どうしてそういうフレーズが編み出せるのか?その答えがすべて詰まっているファン必携の書。

Creative Guitar 3

creative guitar3

Guthrie Govanによるサウンドメイク。彼がサウンドメイクにおいて気を付けていること、重要視していることなどが書かれている。すぐに現場で使えるような知識ばかりだ。